ハピタスって実際どうなの?今さら聞けない仕組みと活用法を徹底解剖!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約術
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、D美です!

突然ですが、皆さんは何のために節約してますか?

節約するには何か明確な目標を持った方が圧倒的に達成しやすいですよ!

私は当然、海外のディズニーに行くために日々節約をします!

ただ、一口に「節約」と言っても様々な方法がありますよね?

  • 何かを我慢して出費を抑える
  • 生活にかかるお金の元(固定費など)を抑える
  • お得に買い物をする

など、たくさんの方法がでてきます!

今回はその中でも「お得に買い物をして節約につなげる」と言う部分をピックアップしていきます!

さて、記事のタイトルを見て頂いて分かる通り、今回は「ハピタス」という、もはや超有名ポイントサイトについて徹底解剖していきます!

今まで当たり前のように使っていた人も、まだ使った事がなくて良く分からない人も、この記事を読めば、

  • そもそもどんな仕組みで出来てるの?
  • 誰が得するの?
  • どんな風に使うとお得なの?

などの疑問が解消されるはずですよ!

私が使ってみた感想とリサーチした観点から、正直に書いて行きたいと思います!

まずは「ハピタスの事をまだよく知らない」方のために!

ハピタスって何?

最近よく「ポイ活」という言葉を耳にしたり、目にしたりしませんか?

これは簡単に言うと、あなたが商品を購入する際に得られるポイントを、何らかの形でたくさん得られるようにする活動のことです。

このポイントをたくさん貯めると

  • ポイントで何か別のものを購入できる
  • ポイントを換金する事ができる

などの利点があるんです!

例えば、10,000円の買い物をした際に、通常であれば10%のポイントが付与されて1,000円分のポイントをゲットしたとします。それを"ポイントサイト"を経由することにより、更に10%のポイントが付与されたらどうでしょう?はい、合計で2,000円分のポイントがゲットできちゃいますね!

どちらがお得か、そして、今後の節約につながっていくかは明白ですよね!

まぁ、10%のポイント還元はあくまで分かりやすくするための例えなので、何でもかんでも10%ポイント還元があるとは思わないでくださいね!

話を戻すと、今の例えに出てきた"ポイントサイト"これが今回紹介する「ハピタス」なんです!

単純に使いやすいし、ホントにポイントも貯まるので賢く使えば節約の大きな柱にもなってくれますよ!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ハピタスってどんな仕組み?

これってなかなか分かりづらいですよね?

ハピタスは、ただ単に”ポイントが普通よりも多くもらえてお得♩“というだけではない仕組みがあるんです!うまく活用できれば、もっともっとポイントを貯められるかも知れません。

その仕組みを簡単に言うと「ハピタスを使っている人→紹介された人→次に紹介された人」と利用者を増やしていき、たくさんの人が利用すると”皆んながお得になる”という仕組みです。

これを聞いて「あれ?」と思った方、鋭いです。この仕組み、アレに似ているんです。

はい、ハピタスは「ねずみ講」に近い形なんですね。

「ねずみ講」って聞くと詐欺?怪しい?うさんくさい?とマイナスなイメージを持ちますよね?

デモ、チョットマッテ!!

ねずみ講が詐欺と呼ばれるのは結局「誰かが損をして、誰かが得をする」からなんです!

このハピタスはどれだけ下まで辿っても、誰1人として損はしません。なぜなら無料で登録するだけだからです!納得できなければ利用しない。それだけの事だからです!

そして、先ほども書きましたが、ホントに使いやすいので、誰かに紹介するとかじゃなく、シンプルに自分で使っていればそれだけでも全然いいんです!

でーも!ハピタスのうまいところは、誰かに紹介してもらって入会すると400pt貰えちゃうところなんです。※紹介者には入りません(2019/10現在)

普通に公式サイトから入会しても何も特典がないので、紹介してもらった方が圧倒的にお得なんです。

じゃあ紹介者にメリットはなにも無いのか?というとそんなこともないんです。

紹介者(A)には紹介した方(B)が獲得したポイントの数%分が別でもらえるんです。※ややこしいですが、これは(B)が獲得したポイントはそのまま(B)がもらえて、更に別で(A)ももらえるので、(B)は損はしません!

純粋にWIN-WINな形になります!

これが「ねずみ講」と決定的に違う点です!

「ねずみ講」ではなく「ねずみ算」式にハッピーが増えていくって考えればいいんじゃないですかね!

ハッピーがどんどん足されていく、ハッピーを足す。そんなところから「ハピタス」という名前になったんじゃないですかね!

しらんけど!
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス ⇦⇦ ここから登録で400ptもらえちゃう!

紹介制度の変更!

2019年10月から紹介制度が変わります!

これまでの紹介制度「ハピ友」と「シェアハピ」が一つになり、「ハピタスフレンド」に変更されます!

もちろん内容も変更されるのですが、とてもややこしいものになりました!

今まではユーザーの評価が「8段階」で報酬率が10~40%でしたが、新しい制度では、評価は「100段階」で報酬率は0.1~45%とかなり細分化されます。

この評価方法も複雑で「ハピフレスコア」というものが毎月算出され、それに応じて報酬率が変わるので、報酬率も安定しなくなりそうですね。

今までは3人の紹介が成功すれば、報酬率は25%だったのが、今回からは3人の紹介及び1人がハピタス利用で報酬率10%となりました。報酬率を頼りに紹介しまくっていた人にとっては改悪ということになりそうですね!

つまり、45%の報酬率を得られる人はほんの一握りで、あとはほとんどの人が下方修正されるということです。

誰が得するの?

先ほども書きましたが、得をするのはみんなです!ポイントサイトを活用して、賢くポイントを貯めた人みんなが得をします!

でも、これはぶっちゃける記事なので、もう一つ正直に言うと、紹介した人がやっぱり得をします!

さっきの「仕組み」を思い出して下さい。紹介された人(B)がポイントをゲットしたら、紹介者(A)はどうなりましたか?

そう、数%報酬としてポイントをもらってましたね?これは(A)が何もしなくても(B)がポイントをもらっただけで(A)もポイントがもらえているんどす!

つまり、ちょっぴりですが紹介者も得をするんです!

そうなると、人間の心理的に、

「え?(A)が1番得するの?じゃあ紹介とかされずに自分で登録するわ」

という気になりません?その気持ち若干分かりますw

でも、その小さなネガティヴで400ptを捨てる方がもったいなくないですか?

少しでもお得にポイントを貯めようとして、少しでも節約の助けにしたくてポイントサイトを利用しようとしているのに、目の前の400ptを小さなネガティヴ心で捨てることになるんです!

もしも今、

確かに!お得にポイント貯めよ!

と思ってくれた方は、⇩⇩こちらから登録して400ptもらってくださいね!⇩⇩
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
最後はお得にポイントを貯める方法を紹介しますね!

ハピタスでお得にポイントを貯める・使う方法

長くなってしまいましたが、これで最後です!

ポイ活を長くやっている人たちにとっては当たり前のことかもしれませんが、ハピタスと提携している物を買うときには、ここを経由して買い物するようにしましょう!

何も買わずにポイントがもらえる

ハピタスのポイントは買い物で貯めるだけではありません!

ハピタスの「アンケートひろば」というところから初回アンケートに答えると1〜200と様々ではありますが、ポイントをもらうことができます。定期的にアンケートが配信されるので、こちらでも安定的にポイントをもらえますよ!

他にも「毎月ハピタス宝くじ」というポイントが当たる宝くじもありますので、ぜひ参加してみてください!

お得にポイントが貰える広告案件

高還元率の広告案件が多いこともお得にポイント貯める秘訣になります!

例えば、ハピタス経由でクレジットカードを作ったら約6000〜8000ポイントもらえたり、使った分の半分以上がポイントで返ってくる還元率50%以上の案件も多いですよ!

楽天やYahoo! JAPANもハピタス経由でポイントがもらえますが、Amazonは今はもらえなくなっているので注意してください!

更に楽天カードを使えば、

楽天での買い物ポイント+楽天カードのポイント+ハピタス経由でのポイント

とポイント3重取りができちゃうんです!

口コミも良い!悪い評判を探す方が難しい?

会員数200万人を超えている巨大ポイントサイトなので、口コミ数もとても多いですが、そのほとんどが良い評価ばかりです。確かに今の時代、悪い評判ばかりだったらここまで大きく成長する事は無理ですからね。

ここまで一気にハピタスについて解剖してきましたが、結局、すごく良いサイトだという事が分かってもらえたのではないでしょうか?

これを機に、みんなでポイントをたくさんもらってWIN-WINになっちゃいましょう!

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!!

もしも、もっと詳しい活用方法が知りたい!等ありましたら、TwitterのDMでお問い合わせくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
節約術
D美をフォローする
「節約×ディズニー」ライフ

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました