大阪から東京ディズニーリゾートへ|子連れで行く方法を徹底比較!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
東京ディズニー

こんにちは、D美です!

突然ですが、あなたは東京ディズニーリゾートに行く時に、どのような交通手段を利用していますか?

慣れている方は、自分なりにベストな方法があるかと思いますが、あまり行き慣れていない方だと、自分たちにとってベストな交通手段が分かりませんよね!

 

今回は大阪から東京ディズニーリゾートまでの交通手段において、

  • できる限り安く行ける方法を知りたい!
  • 子どもを連れて行くときにベストな方法を知りたい!
  • それぞれの交通手段での、所要時間が知りたい!
  • それぞれのメリット・デメリットが知りたい!

と言った方は是非、最後までご覧ください!

 

簡単に比較した表がこちらになります⇩

交通手段 トータル料金 所要時間
夜行バス 26,400円 8~9時間
自家用車 43,000円 7~8時間+休憩
新幹線 83,040円 約3時間
飛行機 66,760円 3~4時間

 

※この記事は「はてブ」や「ブックマーク」して頂くと、いつでも見られるのでおすすめです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大阪からディズニーリゾートまでの交通手段を比較!

 

大阪からディズニーリゾートへ行く際には、

  1. 夜行バス
  2. 自家用車
  3. 新幹線
  4. 飛行機

の4つが選択肢として挙げられると思います。

では、1つずつ「所要時間」「交通費」「メリット」「デメリット」について比較していきます!

 

比較の条件は分かりやすいように

  • 大阪駅(周辺)から東京ディズニーリゾートまでの区間
  • 日にちは全て到着が同じ日
  • 家族構成は大人2人、小学生2人の4人

とします!

※「思ったより高い!!」という気持ちにならないように、混雑期の値段設定が高い日で比較をして行きます!
日にちによっては、この値段以下で行けます!

夜行バスの場合

◎所要時間: 8〜9時間

◎交通費: 1人  8,800円 (大人)  4,400円 (子ども)

◎メリット

  • 値段が安く、パークのオープン前に到着できる!
  • パークチケット付きのツアープランで購入すると更にお値打ち!
  • しっかり寝られる人なら、移動時間もムダにせずに、時間を有効利用できる!
  • 安い時期なら大人1人3,000前後で行ける!

◎デメリット

  • 子連れで行くには、子どもへの負担が大きい。また、周りに気を遣わなければいけない。
  • 未就学児は利用できない。
  • バスで寝られない人は移動で疲れてしまい、パークで全力で遊べないかも。

 

夜行バスのトータルの交通費は往復、

26,400円

となります!

 

しかし、上記のように、夜行バスは小さなお子さんがいる家庭では利用できないので、注意が必要です。

自家用車の場合

◎所要時間: 7〜8時間 + 休憩時間

◎交通費: 片道 約23,000円

高速道路 約13,000円+ ガソリン代 約7,000円 +駐車場代 (平日2,500円、休日3,000円)

※ガソリン代は1ℓあたり10km走る車で、単価140円の想定で計算しています。

◎メリット:

  • 自分の好きな時間に出発し、好きな時に休憩できる!
  • オープン時間のかなり前に着けるので、入場ゲートの最前列も狙える!
  • 周りに気を遣わずに移動できる!
  • 荷物の量をあまり気しなくて済む!
  • パークで遊んでいて、疲れても仮眠が取れる!
  • お土産もたくさん買える!

◎デメリット:

  • 長距離で慣れない道を走るので、運転手への負担が大きい。
  • 軽自動車など小さい車だと快適度は低い。
  • 運転手は疲れる。

 

上記のように、周りを気にせずマイペースに旅を楽しむには最適かもしれないですね!
注意点としては、やはり長時間運転なので、しっかりと仮眠や休憩をとって安全第一で楽しんでくださいね!

子ども達にとっても、長時間の移動になるので、退屈しないアイテムやゆっくり眠れるアイテムを用意していくと、より快適に楽しめると思いますよ!

自家用車のトータル料金は、

43,000円

となります!

新幹線の場合

◎所要時間: 2時間22分(乗車時間)+ 16分(JR京葉線での乗車時間)

◎交通費: 1人 13,620円(大人) 6,810円(小学生)※自由席の場合
      京葉線は、1人 220円(小学生は半額)

◎メリット

  • 移動にかかる時間が短い!
  • 新幹線に乗ることを喜ぶ子も多い!
  • 未就学児は無料で乗車できる!
  • 日帰り往復だと、新幹線料金が3割引き!

◎デメリット

  • パークのオープン時間には間に合わない。
  • 自由席だと座席に座れない可能性がある。
  • 荷物を最小限にしないと移動が大変。
  • 東京駅の新幹線出口から京葉線の乗り場まで、とてつもなく遠い。(20分前後歩きます)
  • 帰りの時間も早いので、最後までディズニーを満喫できない。

 

このように、新幹線は何といっても移動にかかる時間が短いですよね!しかし、上記のように東京駅に着いてから、JR京葉線に乗って舞浜まで行かなければなりませんので、実質3時間前後はかかると思います。

また、新幹線を利用すると、パークで遊べる時間も限られてくるので、一泊などホテル宿泊をして遊びに行く際に利用すると良いですね!

 

新幹線での移動はトータルで、

83,040円

となりました!

飛行機の場合

◎所要時間: 1時間25分 (飛行機)+ 成田空港からの移動時間(約1時間

◎交通費: 7,170円(航空券)+ リムジンバス 1,900円(大人)900円(子ども)

◎メリット

  • 移動時間だけを見ると1番早い!
  • LCCを利用すれば新幹線よりも安い!
  • 飛行機のマイルが貯まる!
  • 特別感が出る!

◎デメリット

  • 移動時間だけでなくチェックインの時間や、空港からの移動に時間とお金がかかる。
  • 手続きが面倒で、慣れていないと不安。
  • 自分たちの都合の良い時間に飛行機があるか分からない。
  • パークのオープンには間に合わない。

 

上記のように、飛行機は一見すると早そうに感じますが、登場手続きなどで時間がかかるため、早めに空港についていないといけません。そのため、実質は3時間以上かかってしまうと思います。

飛行機での移動のトータル料金は、

66,760円

となりました!

⇩航空券の最安値検索はこちら⇩

結局、どれがいい?

さて、ここまでそれぞれの交通手段を比較してきましたが、結局何を利用するのが一番良いのでしょうか?

それぞれにメリットとデメリットがありましたので、あなたや家族の皆さんにとって一番良い手段を選んでいただけばいいのですが、私個人の見解としては、子連れで行くならダントツで自家用車を選択します!

理由は、1番は値段です。快適さにお金を払うくらいなら、そのお金でもう一度ディズニーに行きます!ww

 

ただ、7時間運転をしていくのは本当につらいので、年に1度行くか行かないか。という方や、記念日や家族の誕生日など、特別な日をお祝いしたい!という方は快適さを選んでもいいかもしれませんね!

まとめ

最後にもう一度、トータルの料金と所要時間の比較をして、終わりにしたいと思います!

交通手段 トータル料金 所要時間
夜行バス 26,400円 8~9時間
自家用車 43,000円 7~8時間+休憩
新幹線 83,040円 約3時間
飛行機 66,760円 3~4時間

このようになりました!

 

この記事を見て、あなたに合った交通手段で、安全に思いっきりディズニーを楽しんできてくださいね!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

関連記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました