ディズニーランド・パークのおすすめアトラクション|絶対乗るべきはこの5つ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カリフォルニア

こんにちは、D美です!

前回はカリフォルニアのもう1つのパーク、「カリフォルニア・アドベンチャー」での私のおすすめアトラクションを紹介しました!⇩⇩⇩

【カリフォルニア・アドベンチャー】絶対乗るべきアトラクション5選+α

 

そして、今回は「カリフォルニア・ディズニーランド・パーク」のアトラクション記事を書いていきます!

ここにも、日本にはないアトラクション日本のものとは違うアトラクションがありますので、絶対にチェックしてください!

 

※例のごとく、記載順は私のお気に入り順です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マッターホーン・ボブスレー

公式ホームページより引用

※カリフォルニア限定!

身長制限: 107cm以上

エリア: ファンタジー・ランド

こちらは、スリルある絶叫系ライドで、あの有名なスイスのマッターホーンをボブスレー型のライドに乗り、雪男の攻撃を避けながら頂上から滑走します!

 

世界のディズニーパークの中で最古のコースターで、結構荒々しい乗り心地なのも特徴!

子どもから大人まで幅広く楽しめて、ここにしかないアトラクションなので、絶対に乗りたいですね!

 

この「マッターホーン・ボブスレー」は、ファンタジーランドを通るコーストゥモローランドの外れを通るコースの2種類があります!並ぶ場所が違い、時期によりどちらか1つのコースしか稼働していない事もありますので、気をつけてください!

 

おすすめは、ファンタジー・ランドのコースです!こちらのコースの方が、若干長く、急なカーブが楽しめます!2つのコースを乗り比べると面白いですね!

スプラッシュ・マウンテン

公式ホームページより引用

身長制限: 102㎝以上

エリア: クリッターカントリー

このスプラッシュ・マウンテン…..日本と同じと思ったら大違い!!

ライドは6人乗りで1列になって乗ります。

 

さ・ら・に!

なんと、カリフォルニアのスプラッシュ・マウンテンにはシートベルトがありません!

絶叫系のスリルとは違った、「え?これ本当に大丈夫?え?落ちない?」的なスリルが楽しめますw

 

まぁ、当然ですが安全に楽しめるので、カリフォルニアと東京との違いを是非たのしんでください!!

ストーリーはほとんど日本と同じなので、英語が分からなくても、音楽と雰囲気で十分楽しめるので安心してください!

 

午前中と夜は割と空いていますが、日中は結構混雑しているので、ファストパスを取る事をおすすめします!

ただ、夜は気温が下がるので、濡れると寒い日もあります。

シングルライダーは、キャストさんによっては全然進まないのでおすすめしません!理由は、おそらく1列でのライドであり、席に余りを作らずに人数の調節ができてしまうためと考えられます。

ファインディング・ニモ・サブマリン・ヴォヤッジ

公式ホームページより引用

※カリフォルニア限定!

身長制限: 無し!

エリア: トゥモローランド

遠くから見ても、とっても目立つ黄色い潜水艦に乗ってオーストリアの海を探検する!というテーマで、カリフォルニアにしかないアトラクションです!

 

ディズニー映画で「オーストラリアの海」といったら、「ファインディング・ニモ」ですよね!

映画に出てくるニモその仲間たちも登場し、ゲストを楽しませてくれますよ!

 

潜水艦もかなり大きくて30人以上乗れるとても本格的なもので、乗り込み方も狭い階段を下りていくので、実際の潜水艦に乗り込んでいるような感覚を味わえました!

席に座るとそれぞれの席に小窓がついていて、そこから水中の様子を覗くことができます!

 

このアトラクションは、日本でいうとディズニー・シーの「海底2万マイル」のようなイメージですが、大きな違いは潜水艦が本当に水の中にあること!

これにより、水中を探検するときに太陽の光の反射などで水の中がキラキラと光るので、とてもきれいですよ!

 

潜水艦の中からはニモの仲間たちや綺麗な珊瑚礁をただ見るだけでなく、ストーリー性もあって家族みんなで楽しむことができますよ!

ファストパスは無く、すごく人気のあるアトラクションなので、長時間のスタンバイを避けるなら朝一がおすすめです!

ビッグサンダー・マウンテン

公式ホームページより引用

身長制限: 102㎝以上

エリア: フロンティア・ランド

カリフォルニアのビッグサンダー・マウンテンは2013年にリニューアルされました!

その最大の特徴は「日本よりもスピードが速い」「プロジェクションマッピングが使用されている」という点ではないでしょうか!

コースレイアウトも日本とは大きく異なっているので、このアトラクションも日本と乗り比べて体感してほしいと思います!

スピードに関してはリニューアル後に変更されているかはわかりませんが、日本のビッグサンダーマウンテンが最高時速40㎞なのに対して、カリフォルニアは最高時速45㎞と5キロの差があります。

実際に乗ってみると体感速度は圧倒的にカリフォルニアの方が速く感じます

もう一つの特徴である「プロジェクションマッピング」ですが、コースの後半に取り入れられていて、視覚的にもスリルを煽ってくるので、ただローラーコースターとしてスピードを楽しむだけではないのがいいですね!

これも是非あなたの目で確かめてください!

全体的に日本に比べて待ち時間が短い印象です!もちろん日によって違いはありますが、積極的にはファストパスを取らなくても良いと思います!

 

番外編: ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン

公式ホームページより引用

こちらのアトラクションは、2019年5月31日にオープンしたばかりのアトラクションで、私自身がまだ体験できていないのでランキングに入れることができず、番外編とさせていただきました!

きっと、実際に体験したら自分ランク1位に躍り出てくるんじゃないかと予想していますw

コンセプトは、映画「スター・ウォーズ」シリーズに出てくる宇宙船「ミレニアム・ファルコン」のパイロットになってミッションに参加する!というもの!

操縦席も本物そっくりで、それだけでも感動してしまいそう!

一人一人に役割がある!?

ライドは6人乗りで一人一人に

  • パイロット
  • ガンナー
  • エンジニア

と、役割が分かれていて、操縦や攻撃などやることが違うんです!

これだけでも、3回以上乗りたくなるのに、さらに、同じ役割でも座る位置によって担当するタイミングも変わってくるので「何回も乗らないとー!」という気持ちになりますね!

ガンナーという銃を操作する役割も、銃がマニュアルモードかオートマチックモードかが選べるというこだわりっぷり!

待ち時間も楽しい!?

並んでいる間も「ミレニアム・ファルコン」を裏から見たり、上から見たりすることができる場所を通るので、スタンバイの間も楽しみや期待感があります!

また、この「ミレニアム・ファルコン」はとっても精巧にできていて、傷や配線までしっかりと再現されているようですよ!これは実際に自分の目で確かめるしかないですね!

現在はカリフォルニアとフロリダのパークにスター・ウォーズのエリアがあるので、来年フロリダの方でしっかりと確かめてきます!!

英語が分からないけど大丈夫!?

これが一番心配な点ですよね?

役割も細かくて、操縦も自分でやるなんて日本語じゃないと無理!!と思いますが、実際に体験した人から聞くと、

操作する場所は多くなく限定的

操作する場面ではボタンが光ったりするからわかる

とのことでした!

まとめ

今回は番外編も含め「絶対に乗るべきアトラクション」を5つ紹介しました!

日本でおなじみのアトラクションでもコースレイアウトや演出が違っていたり、日本では乗ることのできないアトラクションがあったりと、海外パークならではの楽しみが詰まっていると思います!

また、前回記事と今回とで、カリフォルニアの2パークのおすすめアトラクションを紹介してきましたが、私か実際に行って感じた率直な感想としては、アトラクションに力を入れるのであれば、「カリフォルニア・アドベンチャー」を重視して回ると良いと思いました!

理由は、‟日本では絶対に体感できないアトラクションの多さ”と‟ピクサーやMARVELといったテーマが盛り上がっている”からです!

せっかくアメリカまで行くのであれば、日本では絶対に味わえない楽しさや魅力を満喫してください!!

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

⇩⇩⇩カリフォルニアのディズニーについて、下記の記事も合わせて読んでみてくださいね!⇩⇩⇩

カリフォルニア・ディズニーランドってどんなとこ?【1度は行きたい!】

⇩⇩⇩その他の海外パークについてはこちら⇩⇩⇩

【上海ディズニーランドってどんなところ?】口コミや魅力、気候などを徹底紹介!

コメント

  1. […] ディズニーランド・パークのおすすめアトラクション|絶対乗るべきはこの5つ!‎ […]

タイトルとURLをコピーしました